欧州屈指のストライカー チェルシー所属バチュアイ

シュート

チェルシーFCに所属しているベルギー代表のストライカー、バチュアイ。オリンピック・マルセイユ時代にシーズン23点を獲り、欧州中に名を轟かすサッカー選手となりました。

その活躍が評価され、ビッグクラブのチェルシーに引き抜かれ、2016-17年シーズンを過ごしました。しかし、チェルシーには絶対的エースのジエゴ・コスタがおり、出場時間は大きく制限されてしまいます。ベンチを温める時間が続き、プレミアリーグ内でもサブに控えている時間はトップを争うようになってしまいます。

しかし、そこで腐らないのがサッカー選手としてのバチュアイの凄さ。

シーズン終盤に出場機会を得ると、チェルシーに優勝をもたらすゴールを決めるなど、スーパーサブとして得点を重ねるようになりました。出場時間に対して高い得点率を上げたことから、プレミアリーグ中位以下のクラブから海外のクラブにまで移籍の噂が流れており、来季はどこでプレーしているのかに注目が集まります。

サッカーを愛する人へ ブックメーカーをはじめてみよう!

欧州最強のサッカーリーグで2年連続得点王を獲得したケイン

コート

欧州4大サッカーリーグのひとつであるイングランドのプレミアリーグは、全世界で最も人気の高いプロサッカーリーグと言われています。実際に世界中の約10億人以上ものファンがテレビ観戦をしており、莫大な放映料をリーグ内で分配するシステムが確立されていることから、プレミアリーグに所属する各クラブは財政的に潤ったクラブばかりです。そのため、下位に沈んだクラブであっても選手補強がしやすく、上位から下位までそれほど実力差が生まれません。

ですから、クラブごとの実力差が拮抗しているために世界最高峰のプロサッカーリーグと称されることが多いです。そして、そのプレミアリーグの2016-17年シーズンでは2シーズンぶりに優勝候補の一角だったチェルシーが優勝を果たしたのです。

2016-17シーズンのチェルシーはアントニオ・コンテを新監督に迎え、マルコス・アロンソやエンゴロ・カンテ、ダビド・ルイスなどを補強しました。その結果、クラブ記録の13連勝を達成するなどの快進撃を見せ、2シーズンぶりの優勝を果たしたのです。

ただ、プレミアリーグの2016-17シーズンにおける得点王は、これだけ好調だったチェルシーからは誕生しませんでした。2016-17シーズンの得点王に輝いたのは、リーグ戦を2位で終えたトッテナムに所属するイングランド代表のハリー・ケインで29ゴールを挙げ、2年連続の得点王を獲得したのです。

16-17年シーズンは完璧だったレアル・マドリード

ブックメーカーの

17-18年シーズンは、完全にレアル・マドリードのシーズンだったでしょう。史上初のCL連覇に、リーグ優勝。CLの連覇は特に評価され、永遠に語り継がれます。BBCのベイルが怪我で離脱しても、イスコやアセンシオなど、若手が続々活躍し、スパーサブにはモラタがいました。

18-19年シーズンは、スパーサブだったモラタがチェルシーに移籍しました。モラタの穴は、レアルとっては非常に大きいでことでしょう。17-18年シーズンは、モラタほどのレベルの選手がサブに控えていたことがレアル・マドリードの強さでした。

両サイドバックの控えであったダニーロもマンチェスター・シティへ移籍して、中盤で勝負強さをみせたハメス・ロドリゲスはバイエルンへと移籍しました。レアル・マドリードの控え選手の層が昨シーズンのレベルで維持できれば、レアル・マドリードの時代は続くことでしょう。

ブックメーカーの予想では、CLもリーグも、レアル・マドリードの優勝を各社が予想しています。プレミアリーグは、ブックメーカーの優勝予想オッズに、ばらつきがあります。

スモロフは欧州4大プロサッカーリーグへの移籍を狙う

ゴール

イングランドのプレミアリーグやスペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガといった欧州4大プロサッカーリーグは、 2016-17年シーズンをそれぞれチェルシー、レアルマドリード、ユヴェントス、バイエルン・ミュンヘンと優勝候補が順当にリーグ優勝を果たしました。ただ、優勝を果たせなかったクラブはもちろんのことですが、連覇を目指す4つのクラブも戦力補強のために常に世界で活躍するプロサッカー選手の同行をチェックしているのです。

そして、欧州4大プロサッカーリーグの多くのサッカークラブから大きな注目を集めているのが、ロシア・プレミアリーグの FCクラスノダールに所属しているフョードル・スモロフです。

フョードル・スモロフはロシア・プレミアリーグの2016-17年シーズンで得点王に輝いた選手で、2017年6月にロシアで開催されたコンフェデレーションズ杯では背番号9を背負ってロシア代表の一員としてゲームに出場し1ゴールを記録しました。

ロシア代表ではかつてアーセナルに所属したアルシャビンに次ぐスター選手候補の一人でもあることから、いずれ欧州4大プロサッカーリーグへ移籍する日も近いはずです。